魅力的なポイントプログラム

クレジットカードを利用している理由は何ですか? このように質問されたとき、人によって回答はまちまちだと思いますが、多くの方が「ポイントプログラムのため」と答えるのではないでしょうか? それほど昨今のポイントプログラムのサービスは優秀で、利用する側を虜にしてしまうほどなのです。 加えて、日本経済が慢性的な不景気という状況もポイントプログラムの価値を高め、利用者を引き付ける要因となっています。

さて、そんな優秀なサービスですが、どの程度の還元率であれば「お得」と感じますか? テレビCMや申し込みキャンペーンなどに釣られてクレジットカードを選んだ方は、「具体的な数字はよくわからない」と答える方も多いかと。 ポイントプログラムは複雑で難解なものが多いので、これも仕方ないことかと思います。

ここでは具体的に何%の還元率なら優秀なポイントプログラムといえるのかについて解説していきたいと思います。 ちなみに以下に示すパーセンテージはポイント還元率を指し、100円で1ポイントを得られる場合の還元率は1%となります。

0.5%未満は選択肢から除外

最近では、還元率が0.5%のクレジットカードなど探すほうが難しいですが、GDOカードやアメックスのグリーンカードなどが挙げられます。 GDOカードはゴルファー専用カードであり、それ以外の方には全くメリットはありません。また、ステータスカードの代表でもあるアメックスは、ポイント還元率を充実させるのではなく、他にはないサービスを売りとするカードです。 ポイントプログラムが目的でクレジットカードを利用したいと考えている方は、これらのクレジットカードは真っ先に候補から外してしまってOKです。

また、ACマスターカードのように、ポイントプログラム自体が存在しないクレジットカードもあります。 このようなクレジットカードは、時としてポイントプログラム以上のメリットが詰まっている場合があるため、サービス内容を吟味する必要はありますね。

0.5%以上~1.0%以下は普通

0.5%~1.0%程度あれば一般的な還元率といえます。しかし、最近は0.5%では低いと感じるほどポイント還元率の高いクレジットカードも増えてきています したがって、ポイント還元率を考慮するのであれば、0.5%は下限、1%程度が普通と考えた方がいいですね。

クレジットカードのポイントプログラムが難しいところは、同じ1ポイントでもポイントプログラムによってその価値が異なる場合があること。 例えば、1,000円で1ポイント付与される場合は、還元率が0.1%と考えがちですが、1ポイントの価値が1円ではなく10円の場合もあります。この場合、実質的な還元率は1.0%になります。

ポイントプログラムの還元率は、「カード決済額に対してポイントがどの程度付与されるのか?」だけでなく、「現金やマイルに換算(交換)すると1ポイントはいくらになるのか?」など、目的の商品に対する交換レートも含めて考えるようにしましょう。

還元率が1.0%を超えるクレジットカードは優秀

ポイント還元率が1.0%を超えるものは優秀なクレジットカードと言っていいでしょう。高還元率を売りにしているクレジットカードのほとんどが1.5%や条件次第で2.0%といった設定になっています。 何よりもポイント還元率を重要視してクレジットカードを選びたい方は、ここらへんを基準にカードの絞り込みを行ってください。

高還元率のクレジットカードの中には、「アメリカン・エキスプレス・スカイ・トラベラー・プレミア・カード」のように、条件をクリアすれば還元率が5%にもなるものもあります。 しかし、年会費に35,000円かかる上、旅行以外での使用は還元率0.5%にしかならないなど、メリットを最大限に生かせる方は限られています。 これでは、飛行機など滅多に利用しないという方にとっては宝の持ち腐れです。

上記のようなミスをおかさないように、一定の基準を満たすカードを絞り込んだら、あとは「自分のライフスタイルにどれだけあっているか?」で最終的な判断を下すようにしましょう。 そうすれば、自分に最適なクレジットカードがスムーズに選択できるはずです。

ショッピング枠現金化の還元率は70%前後

さて、還元率つながりで小ネタをひとつ。ネット上でしばしばみられる「ショッピング枠現金化」というサービス。 これが具体的にどんなサービスなのかご存知の方はそれほど多くないかと思います。

簡単に言えば、クレジットカードのショッピング枠で現金化業者が販売する商品を購入し、その購入価格に応じた金額をキャッシュバックしてもらうというサービス。 この「カード決済額に占めるキャッシュバック金額の割合」も「還元率」と表現されています。

そして、ショッピング枠現金化の還元率はおおむね70%前後。1万円の商品を購入すると7千円程度が購入者に支払われます。 ポイント還元率と同列に語れるものではありませんが、還元率70%のクレジットカードがあったらすごいですね(笑)